Home > スポンサー広告 > 図らずも愛のように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://hakorazumo.blog11.fc2.com/tb.php/57-d9eb9811
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ハコラズモ

Home > スポンサー広告 > 図らずも愛のように

Home > 未分類 > 図らずも愛のように

図らずも愛のように

前回、ウルシバラ氏より、「十年前は男前」との振りを頂きました、
ハコラズモ経年劣化対策本部長の高橋です。

さて。ひとまずこの画像をご覧いただきたい。




この画像は、十年前の某ウルシバラ氏と私。
ご覧いただきたい、この人相の対比を。
片や伏し目がちな、気弱そうな好青年。
片や「あーん?」な感じの「おめー、ちっとこっちこいや」。
十年間、一方的に虐げられ続けている理由が
この人相対比からもわかるというものである。

さて、十年一昔と申しますが、
十年どころか一年も大昔に感じる今日この頃。
気付けば時は無情に流れていきます。

思えば、創作活動などというものは、流れる時の中で
流れて消えていきたくない、「わたし、ここにいるよ」
…という表明のようなものなのかもしれません。

創作や、表現などは、己を他者に伝わる形、「客観的な形」に変換する作業のようなもの。
伝えたい衝動とは=己の存在を感じてほしい衝動。自分がいまここにいるという事を表すようなもの。

そういう意味では表現が成立するという事は、存在の認識を交換できたという事。
それは、「愛」に限りなく近いものなのかもしれません。

創作の麻薬めいた性質の秘密はそんなところにも潜んでいるのでは…と密かに思っています。

…「愛」なんて語っちゃってさ。困った三十路独身ぽっちゃりさん(愛/喪失中)。

さて、ハコラズモ。8月のループバーに向けて着々と進行中です。
ハコラズモの概念を表せるものになればと。
問題も多いのですが皆でがんばろうと思います。

いくつになっても、やってみなけりゃ分からない事がある!
恥かいてナンボのプレイヤー精神。
その積み重ねがリアルを生むんだ!と言い聞かせて。

Ustチャンネル「ハコラウンジ」と併せて追ってご報告いたします。

*ハコラズモブログは毎週木曜日の更新となっております。



スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://hakorazumo.blog11.fc2.com/tb.php/57-d9eb9811
Listed below are links to weblogs that reference
図らずも愛のように from ハコラズモ

Home > 未分類 > 図らずも愛のように

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。